診療時間と担当医

診療時間と担当医一覧 (日曜日は休診です)
診療時間 診察室

【午前】
08:30

11:30

一診 北橋 北橋 北橋 天谷 天谷 天谷
第2週     
大原
二診 院長 院長 院長 院長 院長 院長
三診 四倉 四倉 四倉 安達 柿栖康二
(角膜)
北橋

【午後】
14:00

17:30

一診 北橋 北橋 北橋
(手術)
休診 千葉大
(田中)
黒田
(小児眼科)
二診 院長 (手術) 院長 院長 第1週     
千葉大
(柿栖将人)
第2,3,4,5週   院長 
三診 四倉 四倉 四倉
(手術)
柿栖康二 北橋

※学会のため臨時休診することがあります。

外来診療

当医院では三診体制で診療しています。受付から15分以内に診療が始まるよう常勤医師4名、非常勤医師7名、スタッフ15名で鋭意努力しております。
木曜午前中および第4週水曜日午後は安達恵美子先生の外来があります。安達先生は網脈絡膜変性疾患(網膜色素変性など)、神経眼科が専門分野です。安達先生はシーボルト賞(ドイツ)、紫綬褒章。日本医学会医学賞、吉岡弥生賞など多数の賞を授与している著名な眼科医です。なお2013年瑞宝中綬章を授章されました。
土曜日午後は黒田紀子先生の小児眼科外来です。長年千葉県こども病院に勤務され斜視弱視をはじめ小児眼科疾患全般の専門医です。混雑しているため予約制となりました。
柿栖院長は眼科疾患全般ですが、ぶどう膜炎、神経眼科、角膜疾患が専門です。
四倉医師は平成22年3月まで千葉大眼科で講師を務めておりましたが、4月より当院に常勤医として勤務しております。専門はぶどう膜炎、 眼腫瘍疾患などですが、現在も千葉大学眼科で木曜日手術、金曜日午前ぶどう膜外来診療しております。
天谷医師は千葉大学眼科をへて八日市場病院眼科医長を平成16年退職し、平成19年より当院に勤務しております。眼底疾患が専門でレーザー手術をおこなっております。
令和元年7月より、北橋医師が常勤として月、火、水、土曜日に勤務いたします。北橋医師は千葉大学医学部附属病院講師として診療しておりました。専門は網膜疾患全般ですが、特に加齢黄斑変性の診断、治療では千葉大専門外来のチーフとして活躍されておりました。なお今後も木曜日は千葉大にて診療を続けています。
金曜日に勤務している柿栖康二医師は東邦大学眼科堀教授のもとで角膜外来を行っておりドライアイを含め様々な角膜疾患の専門家です。
コンタクトレンズ診療は毎日行っております。ご注意として、初めての方は装用指導等も行いますので時間に余裕を持ってきてくださるようお願いします。コンタクトレンズは当院に併設している東金メディコムにての購入が可能ですし、および処方箋も発行しております。
平成26年4月よりOptos超広角走査レーザー検眼鏡を導入しました。

手術

当医院は全ての手術が日帰り外来手術です(注記:当院では有床診療所から無床診療所にかえました)。

眼瞼下垂、内反症、眼瞼良性腫瘍などの眼瞼手術(高周波メスを導入)、翼状片、結膜弛緩症などの角膜結膜手術は火曜日午後に主に四倉医師、北橋医師が執刀しております。

レーザー手術(パスカルを導入)は予約にて行っております。

白内障手術は火曜午後に恩田健史医師、種田人士医師、柿栖院長が、水曜午後に四倉医師・北橋医師が行っております。多焦点眼内レンズ(選定医療に令和2年4月1日移行)挿入については御相談下さい。なお単焦点レンズの他に乱視対応レンズ(トーリックレンズ)、レンティスコンフォートも適応を検討して使用しております。

恩田医師(淵野辺病院)は白内障手術を年間3000件を執刀している白内障専門医です。

種田医師は屈折矯正手術(神戸クリニック)、白内障手術、網膜硝子体手術(淵野辺病院)すべてをこなす手術専門の眼科医です。最近では無水晶体眼への逢着手術も施行しております。

勤務医一覧

名誉院長 柿栖 米夫 元山武郡医師会長、前千葉大学眼科同窓会長、元千葉県眼科医会副会長
院   長 柿栖 米次 元千葉大学眼科講師(西ドイツマックスプランク研究所留学)、山武郡市医師会理事
常勤医師 四倉 次郎 元千葉大学眼科講師(アメリカ ウエイステイト大学留学)
天谷 健吾 元八日市場市立病院眼科医長
北橋 正康 前千葉大学眼科講師
非常勤医師 安達 恵美子 千葉大学名誉教授(オランダ、ドイツ、スイス留学)
黒田 紀子 元千葉大学眼科助教授、前千葉県こども病院部長
柿栖 康二 東邦大学医学部眼科
その他、千葉大よりの派遣医師、恩田健、種田人士